スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階上駅-枕木式信号機が残る駅





八戸線の階上駅です。
木造駅舎が残り駅前には枕木式信号機が保存されていました。
過去形?…そうです、駅舎は、昨年平成25年末にコンパクトな駅舎に改築されました。
写真の信号機のほかにポイントの切り替え機もあったのですが、今はどうなっているのでしょう?

この駅の写真をもっと見る (全国の駅舎を紹介するPCサイト misakitty station)
この駅の情報を見る (公式サイト)
この駅に行く (えきから時刻表)
この駅・路線をもっと知る(misakitty station ショッピング)

(平成22年3月20日八丁堀様撮影)

********************************************
misakitty station 鉄道本ショップ
対象商品10000冊!
misakitty station 鉄道Blu-ray DVDショップ
対象商品3000枚!
********************************************

スポンサーサイト

小沢駅-跨線橋に郷愁を感じる駅





函館本線の小沢駅。
駅舎は簡素な造りだけど、この跨線橋がこの駅が分岐駅として賑わっていた頃の名残を残します。
夕闇迫る跨線橋の通路は蛍光灯の光に優しく包まれていました。

この駅の写真をもっと見る (全国の駅舎を紹介するPCサイト misakitty station)
この駅の情報を見る (公式サイト)
この駅に行く (えきから時刻表)
この駅と路線をもっと知る (misakitty station ショップ)

(平成18年11月3日撮影)

鳴子御殿湯駅-お昼寝したくなる駅




陸羽東線の鳴子御殿湯駅。
駅舎間口がとても狭く正面から見ると窮屈そうに見える。
だが、駅内はご覧のとおり、畳が敷かれた待合室はゆったりとしている。
高い天井に壁に飾られた地元の装飾品の数々、ひと列車やり過ごして、のんびり昼寝をしたくなる駅。

この駅の写真をもっと見る (全国の駅舎を紹介するPCサイト misakitty station)
この駅の情報を見る (公式サイト)
この駅に行く (えきから時刻表)
この駅と路線をもっと知る (misakitty station ショップ)

(平成21年3月21日八丁堀様撮影)

アルクオンラインショップ 

オリジナル駅名標やヘッドマークも作れます
nif-wb-top


コメ・ぽちっいただけると嬉しいです


ぽちぃ~~~
ブログランキング・にほんブログ村へ

渡島砂原駅-海沿いの高台に佇む駅





函館本線砂原線の渡島砂原駅。
海岸の高台にあり、撮影中、海から吹き上げる霧でカラダがべたべたになってしまった。
慌てて駅舎に戻ると、使われなくなった業務室には閉塞機などが整然と並べられていた。


この駅の写真をもっと見る (全国の駅舎を紹介するPCサイト misakitty station)
この駅の情報を見る (公式サイト)
この駅に行く (えきから時刻表)
この駅と路線をもっと知る (misakitty station ショップ)

(平成15年7月29日撮影)

ビックカメラ.com 

オリジナル駅名標やヘッドマークも作れます
nif-wb-top


コメ・ぽちっいただけると嬉しいです


ぽちぃ~~~
ブログランキング・にほんブログ村へ

石見簗瀬駅-南国の駅ではありません

駅舎



三江線の石見簗瀬駅。
三江線といえば中国山地横断する路線、どちらかというと冬は雪が降りそうな地方にある路線。
なのに、この駅前にある木はなに?ここは日南線か指宿枕崎線?まるで、南国らしさを強調しているような駅に仕上がっているのはなぜだろう?

この駅の写真をもっと見る (全国の駅舎を紹介するPCサイト misakitty station)
この駅の情報を見る (公式サイト)
この駅に行く (えきから時刻表)
この駅・路線をもっと知る(misakitty station ショッピング)

(平成21年6月6日撮影)

********************************************
misakitty station 鉄道本ショップ
対象商品10000冊!
misakitty station 鉄道Blu-ray DVDショップ
対象商品3000枚!
********************************************

オリジナル駅名標やヘッドマークも作れます
nif-wb-top


コメ・ぽちっいただけると嬉しいです


ぽちぃ~~~
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。