スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歳を迎える駅舎

日田彦山線の小倉寄りの区間、は今年で開業100年になるそうです。

その区間にある開業当時からの駅舎を2つご紹介です。

▼石原町
石原町
以前は石灰石の積み出しで構内が賑やかだった駅です。
ローカル線の小さな駅ですが、今でも2面3線の構内があります。

下部がグレー反転文字の国鉄型駅名標、鉄ちゃん男子じゃなくても萌えますっ!(((o(*゚▽゚*)o)))

石原町2
駅舎写真を撮っていると駅員さんや駅前のタクシー運転士さんから気さくに話しかけていただきました。
「写真撮ってあげようか?」、「財産標撮った?」とか…
駅員さんは地元の方なのか、昔の駅の様子も詳しく教えていただきました。

あっ、駅の入口にスイッチバックだった頃の呼野駅の写真もあります。これも必見!

▼採銅所
採銅所1
小倉(城野)側から金辺トンネルを抜けて田川側にある駅です。
ここにも国鉄型駅名標が残っています…て言うか新しい(*^^*)

採銅所2
駅名からすると鉱山がありそうですが、駅周辺はわずかな民家と山々に囲まれたとても静かな駅です。

駅舎は地元の香春町によって保存活動がされているようで補修されていました。
まだまだ永く使ってもらえそうな駅舎です。

こちらは無人駅なので、ゆっくりと自分の時間を過ごしたい方は、訪問する価値ありです。
スポンサーサイト

モノレール&DC

今日は、こんな車両に乗ってます。
モノレール1

北九州のモノレールです。
北九州市は地下鉄はありませんが、その代わり景色の良いモノレールが市内の移動手段として活躍しています。
モノレー2

終点の企救丘駅です。周りは住宅街です。
企救丘駅1

下車して車両基地方向に3分くらい歩くと
企救丘駅2

ここにたどり着きます。
日田彦山線の志井公園駅です。
志井公園1

棒線駅です。
志井公園2

DCがやってきました。
志井公園3

モノレールとDCの乗換に便利な両駅です。

あっ!モノレールの企救丘駅の手前に志井駅がありますが、日田彦山線の志井駅とは、全く場所が違いますので要注意です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。