最東端の終着駅 根室駅


終着駅、根室駅に到着です。
根室6

平屋の北海道らしい造りの駅舎がありました。
根室5

駅の中はとても賑やかでした。
ローカル駅でこういう景色を見ると嬉しくなりますよね。
根室4

最東端は隣の東根室駅ですが、終着駅の根室駅の方が端っこ感があります。
ホームの端っこにあるこの看板、良いですよねえ。
最東端の有人駅でもあるのですね。
根室3

駅舎近くには、こんな撮影スポットもあります。
根室2

根室市の代表駅ですが、棒線駅になっています。
根室1

帰りは、この快速「はなさき」で釧路に戻ります。


北海道 鉄道

花咲がにと最東端の駅 花咲駅 東根室駅

花咲駅です、この駅に着くとカニ食べたくなりますよねえ。
花咲3

なんだか駅舎も茹でた甲羅と身の色に見えるのは錯覚?それともただの食いしん坊?(≧∇≦)
花咲2

駅の周りでカニを売ってるなんてことはありません。
元は交換可能駅だったみたいですね。
花咲1

次の駅は、このカーブからの…
東根室駅3

東釧路駅です。
今回はスルーです、だれも下車しなかったのはちょっと意外f^_^;
東根室駅2

その代わり、駅前には、クルマできた観光客がたくさんいました。
列車で来ましょうよっ!
東根室駅1

知名度抜群の2駅でした(⌒-⌒; )

こんなとこにも鉄ちゃんが! 昆布盛駅 西和田駅

昆布盛駅に到着です。
昆布盛5

あっ!奥に駅舎見っけ!
昆布盛4

鉄ちゃんも見っけf^_^;
私が乗っている列車の降車客ではなかったので、いったいどうやってココまで来たのでしょう?
で、どうやって帰るんだろ???
昆布盛3

そんなことを考えているうちに西和田に到着です。

ホームというより草むらにある駅名標です。
昆布盛2

駅舎は綺麗にペイントされていました。
昆布盛1

だんだん住宅も増えてきて根室が近づいて来た気がします。

涙が出るくらい美しい景色 別当賀駅・落石駅

最初にお知らせです。

ずっと、この記事を「北海道の駅ぐるり」カテゴリーでアップしていましたが、「北海道の駅ぐるり」カテゴリーはアメブロでアップしていたころに使用していたものなので、このブログのメインである路線別カテゴリーに移すことにしました。

さて、根室半島に入ってきて、だんだん終点の根室が近づいてきました。

別当賀駅
落石5

駅舎のペイントがさびてかわいそうな状態になっていました。

海が近いのかと思いましたが、根室半島の付け根の中間、太平洋と風連湖がある根室湾のちょうど中間地点くらいにある駅なので、そんなに海は近くにありません。

ちなみに根室本線は根室湾側は全く通りません。

別当賀駅は棒線駅でした。
落石4


別当賀駅を発車すると、車窓にはこんな素晴らしい景色が飛び込んできます!
落石3

ほんとに涙が出るくらい感動してしまいました。

淡い海の青さと、車体をなでる草緑色の絨毯
そんななかを、カタンカタンを軽やかに音を奏でながら走り抜けていく列車

ここまで足を運んでよかったなあと思わせてくれる景色です。

そうこうしているうちに列車は落石駅に到着です。

落石駅
落石2
なんだか、駅名標が壊れています(泣)

落石1
ここには駅舎があります。
建物自体は、けっこう古そうな気がします。

落石6
交換可能駅で、広い構内があります。

だんだん終点が近づいてきました。

かつての分岐駅も今は…

厚床駅にやってきました。
厚床2

かつての標津線分岐駅で駅舎もありますが、今は記念碑が残るだけです。

この駅、昔は駅弁も売っていたそうです。
厚床1

構内は2面2線。
標津線があった頃は2面3線だったそうで、構内の広さに名残を感じます。
厚床3

初田牛、「はったうし」と読みます、てかそのままf^_^;
初田牛2

ホームは草が生え、駅の周りには集落は全く見当たりませんでした。

レールが錆びていたら、まるで廃駅?
昼間ならゆっくり訪問してみたいですが、日が暮れたらチョットむりかも(≧∇≦)
初田牛1

乗降客は全くなし、列車も、わかってるかのようにわずかな停車時間で発車しました。