スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏休み

みなさん、ご無沙汰しています。

ちょっと更新が滞っていますが元気ですのでご心配なく…ご心配していただいた方、ありがとうございます。

年に数回は、こうやって更新が滞る時期がありますので許して下さいね。


さて、今年の休み、皆さんは、もう計画立てましたか?もう出かけてるよ!なんて方もいらっしゃるかもしれないですね。

私は、7月の中旬と9月の下旬に休みが取れそうなのですが、梅雨末期と台風シーズンという最悪な時期、それに、どうしても外せない地方での仕事が入ってしまい、去年みたいな北海道12日間の旅、なんてことはできそうもありません。

そんなわけで、まず7月は、名古屋方面での仕事と関西への帰省を組み合わせて、東海地方を中心に回ってこようと思います。

18切符が中心ですが、近鉄のしまかぜや伊勢志摩ライナーも乗ります!
特に伊勢志摩ライナーは、名古屋発の先頭車両先頭席をゲットしたので今から楽しみです。

あと、北陸や富士山の見えるエリアもいけたらいいなと思っています。

皆さんは、どんなプランを立てていますか?
関連記事
スポンサーサイト

06/21のツイートまとめ

pasteler_tm

いま、JTB、発売当日の近鉄特急「しまかぜ」もう売り切れ(≧∇≦)
06-21 10:39

関連記事

昼間は閑散 サッポロビール庭園駅 -34-

美々から北上して、たくさんの列車が運行する区間に戻ってきました。

その中で一部の普通列車が通過する駅、サッポロビール庭園駅です。
サッポロビール庭園5

構内は2面4線、停車列車が少ない割に広い構内となっているのは、待避線確保のためかもしれません。
サッポロビール庭園4

跨線橋をホームに降りたところに待合スペースがある無人駅です。
サッポロビール庭園1

駅舎は、橋上駅舎のように見える外観です。
サッポロビール庭園3

駅前はサッポロビールの工場があります。
サッポロビール庭園2

札幌市内にあるビール園的な賑わいを想像していただけに、誰もいない駅と駅前にびっくり。
工場だけのためにある駅のような印象でした。

関連記事

千歳線の秘境駅 -33-

長都から、ちょっと苫小牧方面に戻ります。

千歳線の南千歳-苫小牧間は空港連絡区間ではないので運行本数が急に少なくなります。
ここは、その区間にある美々駅です。

駅舎はありますが…
美々5

駅前は何もありません。
美々3

無人駅でガランとしています。
美々4

構内、苫小牧方面です。
閑散区間ですが特急や貨物はたくさん通る大動脈なので複線です。
美々2

南千歳・札幌方面です。構内は思ったより広く保線設備がありました。
美々1

駅の周りは、森に囲まれて何もない駅ですが、季節ごとに木々の色合いを見にきたくなる駅です。
関連記事

橋上駅舎かと思ったら 長都駅 -32-

午後は、苫小牧から北上して千歳線の駅めぐりです。

まずは、ここ、長都駅です。

橋上駅舎かな?
長都7

快速エアポート運行区間なので、通過列車がとても多い駅です。
長都6

橋上駅舎に見えたのは、自由通路でした。
「おさつスカイロード」という名称が付いていました。

北海道だけに入口部分から全天候型なのですが、夏の北海道は、お花だけでなく虫も元気で、まるで巨大な昆虫ケージに入った気分でした(´・_・`)

構内からも通路があって、跨線橋としても使えます。
長都3

駅舎はというと、上下線別に作られています。

こちらは札幌方面駅舎。
駅前は、キリンビールなどの工場が並んでいます。
おさ5

こちらは苫小牧方面駅舎。
駅前は住宅地で、千歳線を挟んで工場と住宅が棲み分けされている印象を持ちました。
長都4

札幌方面駅舎の改札です。
無人駅で、苫小牧方面駅舎もこんな感じですが、札幌方面駅舎のほうが待合室が広いです。

訪問して、まもなく1年が経ちますが、現在は券売機などが更新されているらしいです。
長都2

このあと、折り返しジグサグ走行しながら、千歳線の駅めぐりをします。
関連記事

06/03のツイートまとめ

pasteler_tm

『第94回  無意識を意識する』 http://t.co/8U2Z1NNHvy
06-03 12:30

関連記事

私のランチ場所が! 糸井駅 -31-

日高本線の旅を終え、苫小牧から千歳線の未訪問駅に行く予定なのですが、時間に余裕があったので、室蘭本線の区間運転列車で糸井駅まで往復することにしました。

で、折返してる間に糸井駅裏のコンビニでおにぎりでも買って停車中の車内でランチを済ませてしまおうという、私なりに完璧な計画だったのですが…

この駅、折り返し設備ないみたい(´・_・`)到着した列車は、どっかに消えてしまいました。
キャリバを車内に置いたままにしなくてよかったです。
糸井5

仕方ないので駅裏側の出口から出ます。

あったセイコーマート!
アサは日高幌別、ヒルは糸井のセイコーマート、お世話になりますセイコーマート♩とわけの分からない歌を口ずさみながら、おにぎりを購入。
糸井2

ホームにもどってくると…あれれ臨時の出札窓口が!
裏口の利用客が苫小牧方面に向かうときは、いったん跨線橋でを渡って駅舎まで切符を買いに行く手間を省くためでしょう。なかなか良いサービス、てか不正乗車防止にもなるようで、私も「切符ある?どこまで?」と聞かれました。
糸井1

このおじさんに、荷物の番をしてもらって、跨線橋を渡って駅舎撮影に向かいます。

お〜、駅の中は古いです、有人駅で自動券売機なし。まるで国鉄のローカル駅そのままです。
糸井3

駅舎はと…古びたモルタル。時間調整の合間に訪問した割に大正解!きて良かったなあ(^O^☆♪
糸井4

再び跨線橋を渡り、おじさんとしばらくJR北海道の現状について語り合ったあと、乗ってきた車両が戻って来たので乗車し、おにぎりを食べながら苫小牧に戻ります。
関連記事

下調べをしない旅に出ると… -30-

学生さんもいなくなり、苫小牧までのんびりできます。

来たときは、学生さんであふれていた荻伏駅静けさを取り戻していました。
本桐5

ん?交換可能駅だ、モルタル駅舎がある!
本桐3

あ〜ぁ、降りてみたかったなぁ(´・_・`)
事前にちゃんと下調べしないからこんなことになります。
本桐2

本桐、本桐、ほんきりっ!次回は必ず降りてあげるからね!
本桐4

蓬栄駅。
ほかにも降りたことのない駅舎ありますね。次回はいつにしようかなあ。
本桐1

そんなことを考えながら、苫小牧に向かいます。
関連記事

みかん畑と海と

九州の大動脈だった鹿児島本線ですが、南九州部分は複線区間が少なくて棒線駅もありました。
海浦1

駅の周りはみかん畑が広がる山、そして眼下に海を望めます。
海浦3

今は肥薩おれんじ鉄道の駅に変わりましたが、景色は国鉄・JRの頃と変わらず、私たちを迎えてくれます。
海浦2

@肥薩おれんじ鉄道 海浦駅
関連記事

紀勢本線電化記念スタンプ

1978年の紀勢本線電化開業記念スタンプです。
ただしスタンプ紀勢本線ではない天王寺駅のもの。

特急くろしおに使用される381系が大きく見えます。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。