地表・橋上・高架と変化する駅 慈眼寺駅

慈眼寺駅JR九州となってから開業した駅です。
開業した当時は地表の棒線駅でしたが、その後交換設備を設置した橋上駅舎となり、平成28年3月からは高架駅舎に生まれ変わることになっています。

駅周辺とともに駅開業後都市化が進んだ駅です。

その慈眼寺駅の橋上駅舎当時の様子をご紹介します。

駅舎
慈眼寺 駅舎
ちょっと変わった形、なんだか慈眼「寺」駅なのに教会みたいな駅舎です。


▼駅名標
慈眼寺 駅名標
あれれ?慈眼「寺」なのに鳥居???
どうやら、慈眼寺というお寺が駅名称の由来ではないようです。


▼出札
慈眼寺 出札
有人駅です。


▼改札
慈眼寺 改札
ん?自動改札機を意識した?
面白いものがたくさんある駅です。


▼構内
慈眼寺 構内

相対式の2面2線駅、現在は写真左側に移設され、高架駅に生まれ変わり中です。






(2003年4月撮影)


全国の駅はこちら misakitty station


関連記事

地表駅当時の駅舎 谷山駅

今日は、地表駅当時の谷山駅を紹介します。


駅舎
谷山 駅舎
JR九州らしい改装を施された木造のリニューアル駅舎がありました。
現在は高架工事中で仮設駅舎での営業となっています。


▼駅内
谷山 駅内
キオスクがありました。訪問当時はまだSUGOCAは登場していませんでした。


▼構内
谷山 構内
2面2線構造でした。
高架後はどうなるのでしょう?


▼駅前
谷山 駅前
谷山地区は鹿児島市と合併する前は谷山市という別の街でした。
その谷山地区だけで人口が10数万人いて、鹿児島市内では鹿児島中央駅に次ぐ乗降客の多い駅になっています。


▼谷山電停
谷山 電停
駅周辺には鹿児島市交通局の谷山電停がありますが、やや離れています。
JR谷山駅への乗り入れ計画がありましたが、実現可能性は低そうです。

谷山駅の高架駅舎は2016年3月26日から営業予定です。


(2003年4月撮影)(谷山電停は2013年11月)


全国の駅はこちら misakitty station


関連記事

12/23のツイートまとめ

pasteler_tm

ブログを更新しました。 『となりのNさん』⇒ https://t.co/KOf501vCic
12-23 17:37

関連記事
Author by misakitty223 / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /