スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を楽しむ花たち 緋牛内駅

夕方に訪問した緋牛内駅です。

▼駅舎
緋牛内 駅舎
3色でコーデされた角型の顔を持った駅舎があります。



▼駅前
緋牛内 サルビア

緋牛内 マリーゴールド
駅前は、サルビアやマリーゴールドをはじめ、カラフルな花が咲き乱れています。
短い夏を、めいっぱい楽しんでいるような気がしませんか。



▼駅内
緋牛内 駅内
業務用の電話ボックスの文字フォントに特徴があります。
床のデッパリ、なんでしたっけ?ストーブの設置場所?



▼構内
緋牛内 構内
交換可能駅です。



▼キハ40
緋牛内 駅名標
夕暮れが迫り、いつものようにお迎えのキハがやってきました。




(2013年7月撮影)


全国の駅はこちら misakitty station

北海道 鉄道

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

 床の出っ張り。
 北国の人間はいつもお世話になっている灯油のパイプです。
 灯油タンクから伸びているパイプで、ストーブ側のパイプとゴムホースで繋いでストーブを焚きます。
 
 この駅、駅前の花壇が整備されていて気持ちのいい駅ですよね。私は好きです。

Re: タイトルなし 

そうそう、以前にも同じことをお聞きしたような気がします。何回もすいません。

JR北海道の駅前は、夏に訪問すると、花がきれいに咲いている駅が多くて楽しいです。
緋牛内駅は、特に丁寧に整備されている気がしますね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/1001-13f3be69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。