縁起の良い駅 喜入駅

喜入駅は、鹿児島中央から指宿までの途中駅で唯一特急を含め全ての列車が停車する駅です。


▼駅名標
駅名標
『喜びが入る』という意味から縁起がよいとされ、記念入場券が発売されていたりします。
今は鹿児島市に所属していますが、以前は喜入町という単独の町でした。



▼構内
構内
相対式の2面2線ですが、保線用の引き込み線もあって以前は2面3線の構成だったのかもしれません。



▼駅名柱
駅名柱
構内には、こんな古い駅名柱がありました。



▼改札口
改札口
現在は簡易SUGOCAリーダーが設置されています。

指宿枕崎線でSUGOCAが使えるのは当駅までで、ということは、日本最南端の交通系ICカード利用可能駅ということになります。



▼出札
出札窓口
訪問当時は、手作り感いっぱいの窓口で、ローカル線らしくて好印象でした。

正月や受験シーズンを中心に当駅の切符を買い求める方が多いそうですが、記念切符になっているわけではなく、POS端末で発見されたものに「合格祈願」だとか「家内安全」だとか数種類あるスタンプのうち、希望のものを押していただけるようです。

JR九州にはこの駅以外にも、肥薩線の真幸えき、筑肥線の福吉駅、大入駅など縁起の良さそうな駅がありますので、合わせて駅訪すればご利益抜群かもしれません。



▼待合スペース
待合室
古い木製ベンチが塗り替えられてそのまま使われていました。



駅舎
駅舎
木造の改築駅舎が使われています。
現在も、外装が塗り替えられていますが、そのまま使用されています。

喜入の海岸埋立地にはJXエネルギーの原油備蓄基地があり、約50個の巨大円柱タンクが並んでいて一見の価値ありです。








全国の駅はこちら misakitty station


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/1021-f6cc9de8