ドーム状の駅舎がある駅 前之浜駅

前之浜駅です。

喜入までは都市近郊輸送もあり運行本数が多いのですが、喜入を過ぎると半減してしまい、喜入ー指宿間の運行本数は19往復程度です。

駅舎
駅舎
駅舎は、ドーム型の可愛い形をしています。

こういう駅舎を見ると、誰がどんな目的で設計したんだろうと気になってしまいます。


▼駅内
駅舎内
無人駅ですが、窓辺には花が飾ってありました。

その出窓の下は、まるで猫の入口のように空洞があって、駅舎を密閉空間とは認識していないのが、JR九州の駅舎らしいです。

喜入まで続いたSUGOCA区間も終わり、ローカル線区間に入ったことを感じさせます。



▼ホーム跡
ホーム跡
ホームは相対式2面2線なのですが、駅舎側に古いホーム跡があります。

構内が移設されたのか、貨物ホームの跡なのか、見ただけではわかりませんでした。



▼キハ47形
構内
構内はカーブしており、跨線橋で結ばれています。
その跨線橋上から撮影しました。

曇天でよく見えないのですが背後は錦江湾です。
この先、指宿に向かい、左手は国道226号線を挟んでシーサイドルートとなります。
左手背後には錦江湾を挟んで桜島も望めます。



全国の駅はこちら misakitty station


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/1022-4ab41b15