スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木造駅舎の痕跡が残る駅 幡屋駅

加茂中から木次線では珍しい直線の田園地帯を走ると幡屋駅に到着します。


▼駅名標
幡屋 駅名標
JR西日本の正方形に近いローカル線タイプの駅名標があります。


▼構内宍道方
幡屋 構内宍道方
1面1線の棒線駅です。


▼構内備後落合方
幡屋 構内備後落合方
構造からすると開業当初から棒線駅だったようです。


駅舎
幡屋 駅舎
ホーム待合室があるだけなのでしょうか?
駅前には木造駅舎があった頃の床の部分が残っています。
どんな駅舎があったのでしょう?


▼ホームから見た駅舎
幡屋 ホームから駅舎
ホーム待合室かと思ったら、ちゃんと切符売り場もある有人駅でした。
訪問当日は不在でしたが、地元のおばあさんが切符を販売されていたそうです。


現在は、無人駅となってしまったそうで残念です。


(2002年9月撮影)




関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/1063-85b6c4e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。