木次線でイチバン便利な駅 出雲三成駅

出雲八代から奥出雲町仁多地区の中心地にある出雲三成駅に到着です。

▼ 駅名標
出雲三成駅 駅名標
右側には出雲の神様の駅名標もあります。



出雲三成駅 構内
交換可能駅です。
右側のホームは島式だったようで、以前はもっと構内が広かったようです。

また駅舎側には木材のチップなどを積み込む貨物施設もあったそうです。


駅舎
出雲三成駅 駅舎
大きな駅舎があります。出雲大東駅と違って和風ではないのですが、コンビニや物産館が入居していてとても便利です。

駅前が国道という立地条件も幸いして、常に人が出入りしている駅となっています。


▼駅入口
出雲三成駅 駅入口
そんな賑やかな店舗とは裏腹に駅の出入口は閑散としています。


▼出札窓口
出雲三成駅 出札窓口
委託駅と表示してありますが、どうも営業しているようには見えません。
ぬいぐるみのディスプレイと化しています。


▼物産館
出雲三成駅 物産館
コンビニは店内撮影できないので物産館の様子をお見せします。
地元の農産物が中心のようですが、やはり仁多といえば、ブランド米の「仁多米」が有名で、販売していました。

この物産館のなかに出札窓口を見つけました。

駅の通路では切符を買うのも寒いでしょう。それに、ここで販売すれば、店の商品も買ってくれるかも?

なんとなく納得してしまいました。



(2007年10月撮影)

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/1078-bb1f8181