-1- 東京に来たついでに?ー上野~友部~小山

1日1駅のネタが切れそうなので、今回から、場つなぎに別ブログで掲載していた駅めぐりの旅をお送りします。

<青森の駅ぐるり>


お仕事で東京に来たので、帰宅予定を延ばして2泊3日で青森まで行ってきました。「ついでの距離じゃないでしょ?」って思わないでくださいね(-_^)ちょうど、鉄道の日の週だったので、往復は新幹線を使うことにして、在来線は鉄道の日なんたら切符で移動することにしました。
目的は、東北新幹線の新青森延伸で絶たれた私のJR全線完乗復活を果たすことです。新線が開業するたびにチャレンジしないといけないからキリがありません(≧∇≦)みんなも同じかなぁ?

最初は、お仕事あがって最終の新幹線で八戸まで行くことにしていたのですが、当日のお仕事キャンセルになっちゃったので予定変更、行けるとこまで在来線で行っちゃえってことになりました。
駅名標写真がない駅の多い路線をチョイスして、最初は上野から常磐線に乗車です。とりあえず取手まではすることなくて、取手駅から鉄分注入しました。



ここは関東鉄道常総線の乗換駅です。「あ~乗って見たい、関東鉄道の方が面白い駅舎多いし」と思いましたが、今回は我慢しました。



さてさて駅舎はどんなんかなあ?と思って駅前に出てがっかり。改装中?でした。これが木造駅舎だったりメインの目的地だったりしたら、大泣きします…が、まあ駅ビルだからいいやと、気を取り直してホームに戻りました。



再び列車に乗って土浦に向かいます。J東の駅名標は、サイズやデザインに統一感がないのがとっても好き、このサイズの駅名標をみると、なんでこんな横長なの???っていつも不思議になります。






土浦駅です。ここでは乗換とランチのために下車しました。駅舎はフツウ、まあ地方都市の代表駅だから仕方ないです。



友部駅で水戸線に乗換えです。新しそうな橋上駅舎がありました。イマドキのティッシュケース型駅舎です。大きい割りに駅内部は狭いのが特徴(・_・;



駅前です。こんな大っきな駅舎要らないでしょ?って思うくらい小さな街でした。駅前のモニュメントは何だかよくわかりません。



構内です、ちょうど列車が入ってきました。国鉄型の車両みたいに型落ちしたら九州に払い下げてくれないかなと思いますが、きっとムリでしょう。もしやってきても、2階建車両は受取拒否、中間車を先頭車改造してカッコ悪い短編成になるような気がします。



水戸線の列車待ちです。意外と乗車客が多くてびっくり、ちょっと友部駅を見直しました。



水戸線の列車に乗車しましたが、ロングシート車の座席に座ってしまうという、車内からの駅名標撮影には厳禁行動をとってしまいました。下館までは前回撮影済なので座ってしまったのですが爆睡しちゃって気がついたときは結城駅の手前でした(≧∇≦)やっぱ関東鉄道に乗れば良かったとメチャ後悔です…>_<…



ようやく小山駅到着、東北本線経由より、かなり時間かかりました。秋の東日本は日が短くてそろそろ夕方です。
しかし、まだ速達タイプの新幹線に乗らなくても八戸まではたどり着きそうなので、もう少し在来線で北を目指し、鈍行タイプの新幹線で新幹線単独駅の駅名標を撮影しながら八戸に向かうことにしました。新幹線はモバイルスイカで乗るので、ちょこちょこ予定変更ができてとっても便利^_^






********************************************
misakitty station 鉄道本ショップ
対象商品10000冊!
misakitty station 鉄道Blu-ray DVDショップ
対象商品3000枚!
********************************************

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/262-c8a1c940