秋が似合う大人の駅舎 諏訪ノ森駅


関西に住んでいたときもあまり乗ることがなかった南海の駅めぐりをしてきました。
今回は、未乗路線の多奈川、加太、和歌山港線をぐるりします。
(なお、このテーマの写真の撮影は平成24年5月です。現状と異なっている可能性があります。)

さて、ターミナルなんば駅がスタートです。ただしこの写真は帰りに撮影f^_^;
実はなんば駅を地上からジックリ見たのは初めてでした。私にとって南海沿線は海の向こう、淡路島の先みたいな存在(それは四国!-_-b)なのです。
駅舎が大好き! misakitty-南海 なんば駅



せっかく南海に乗ったので、各停に乗って本線の駅にも立ち寄りながら和歌山方面に向かいます。
複々線から複線区間となり石津川の手前でラピートとすれ違いました。この車両ほど好き嫌いがハッキリしてる列車はないかもしれません。私的にはナシかな^ ^
駅舎が大好き! misakitty-ラピート 石津川



最初の目的地、諏訪ノ森駅に到着です。名駅舎として有名な浜寺公園駅の隣にあります。
駅舎が大好き! misakitty-諏訪ノ森 駅名標


駅舎は大正8年建築、国の登録有形文化財です。
浜寺公園ほど有名じゃないけど、とっても風格がある駅舎です。浜寺公園駅は夏が似合う駅舎だけど、諏訪ノ森駅は秋が似合う大人の駅舎だと思っています。
駅舎が大好き! misakitty-諏訪ノ森 駅舎正面



横顔です。最初にこの駅を見たのは、通過する列車からチラッと見えたこの横顔でした。
そのときから、大好きになった駅です。
ん~、ダンシでいうと、初めてあったときに「あっ、ワタシこの人と結婚するかも」ってピピっとくるみたいな?(*☻-☻*)
まあ、そんなことはどうでもよくて、ついでにご案内すると、諏訪ノ森駅は方向別駅舎になっていて、この駅舎は、なんば方面列車に乗車する際に利用します。
駅舎が大好き! misakitty-諏訪ノ森 駅舎横顔



駅舎の中は狭いです。内壁も昔のままのようです。ベンチはカップルで独占できちゃうくらいコンパクトです。
駅舎が大好き! misakitty-諏訪ノ森 出札



天井部分には5枚組のステンドグラスで浜寺海岸から見える淡路島の様子が描かれています。吊り下げ式の照明は古いものではなさそうですが、雰囲気を壊さないオシャレなものになっています。
駅舎が大好き! misakitty-諏訪ノ森 ステンドグラス


なお、和歌山市方面乗り場の駅舎は、ごくフツウです。
駅舎が大好き! misakitty-諏訪ノ森 和歌山方面駅舎


浜寺公園駅とともに平成30年頃に高架駅舎に改築されることが決定しています。現在も駅舎は新駅舎の敷地内に移設保存されることは決定しています。
取り壊されてしまうのではないかと思っていたのでホッとしたけど、現役の駅舎であり続けて欲しかったという思いのほうがツヨイです(≧∇≦)



(次回は岸和田のタコを紹介します)!?(・_・;?
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

1. 無題 

関西の人間としては、関西の路線にわざわざ乗ってくれて記事も書いてくれてうれしいですね。

アメーバ鉄は関東勢ばっかりですからね。

2. Re:無題 

>日本放浪協会さん

関西は地元だけど、住んでた頃はほとんど駅巡りしてないです。福岡に引っ越す前に巡っておけばよかったと後悔しています。
アメ鉄関西本部ができるよう頑張ります!www

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/333-2d02ec31