スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州新幹線 出水駅

今日は、九州新幹線の開業によって構内反対側に駅舎が移設された出水駅を紹介します。

出水駅について
大正12年:開業
平成16年3月13日:九州新幹線開業、当駅を通過する鹿児島本線は肥薩おれんじ鉄道に移管

旧駅舎
駅舎:コンクリートの2階建駅舎でした。九州新幹線の部分開業を1年後に控え、J九に改修する気は全くないことが分かるような状態でした。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 旧駅舎


駅名標:当駅表示のフォントが極太でとっても印象的な駅名標です。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 旧駅名標


構内:新幹線開業前は国鉄急行型の交流電車がたくさん走っていました。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 旧構内

(平成15年1月撮影)


現駅舎
駅舎:新しい駅舎は、これまでの駅裏に設置されました。現在でもあまり発展していません。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 新駅舎


構内:相対式の2面2線の構内で退避は不可能です。利用者の約半数は新幹線エクセルパス(J九の新幹線定期券)の利用者で通勤駅という印象が強い駅です。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 新幹線構内


旧駅舎:旧駅舎は新駅舎の開業によって駅舎の役目を終えました。肥薩おれんじ鉄道の駅舎は旧駅舎左端に平屋の小さな駅舎が設置されたので、旧駅舎は全く使われなくなりました。新幹線開業に湧く駅周辺の光景から取り残されたような気がしました。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 旧駅舎


旧駅舎駅前:出水駅に限らず開業初日の新駅は各駅ともたくさんの見物客で賑わっていました。大震災の影響を受けた全線開業時の新駅と一概に比較できないですが、末端区間だけの部分開業だったにも関わらず、これほどの人出で賑わったのは、九州新幹線に対する地元の熱意と期待が感じられます。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 旧駅前


旧駅舎改札口:旧駅舎は、休憩所になっていました。現在はどうなっているのでしょう。
駅舎が大好き! misakitty-出水駅 旧改札

(平成16年3月撮影)

出水駅の写真をもっと見たい!


(次回は、川内駅を紹介します)
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/338-de942e73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。