ダイジェスト9 日本のてっぺんに向かう旅

今日は、石北本線から宗谷本線を乗り継ぎ日本のてっぺん、稚内に向かいました。

最初は、この写真、駅名を隠していたら、いったいどこの鉄道会社の駅名標だろうと思ってしまいます。
カラーは濃いブルー系だったと思います(目が悪くて微妙な色の違いが分からないのです)。

私は駅舎が好きなのはもちろんですが、こんな駅名標を見つけると宝物を見つけたみたいに興奮してしまいます。
駅舎が大好き! misakitty-当麻駅



つぎ、石北本線の起点、新旭川駅です。石北本線の運行上の起点は旭川駅ですが、旭川駅からここまでは宗谷本線に所属しています。

予想以上に屋根が高くて風格充分の駅舎です。市街地にこんな駅舎を残してくれて感謝です。
駅舎が大好き! misakitty-新旭川駅



ついでに、この駅と旭川駅の間に旭川四条駅というのがあるので、ちょっと紹介します。

旭川駅が高架になるまえから高架駅で、宗谷本線が旭川運転所まで電化されているので営業電車は走ってないけど複線電化高架駅という不思議な駅です。

不思議といえば、この駅の高架脇の食堂街がレトロな感じでとってもよい雰囲気です。

その横には鉄道グッズ屋さんがあってびっくりしました。

また高架下にある駅待合室には「当駅では切符にハサミを入れません」なんていう案内板が貼ってあり、いまどき、ハサミをいれるJR駅はないやろって突っ込みたくなります。

話を元に戻して、宗谷本線を北上して音威子府駅などを訪問しながらたどり着いたのは、もう一つ今日どうしても訪問したかった雄信内駅です。あっ、ねんのため「おのっぷない」って読みます。

写真は乗車後にスマホで撮影したので、ちょっと後追いっぽくなってしまいましたが、また「駅ぐるり」テーマで駅正面の様子は紹介します。

無人駅で駅舎内は殺風景なのですが、打ちっ放しの床が黒光りしていて歴史を感じさせる木造駅舎です。
駅舎が大好き! misakitty-雄信内駅


この駅は停車時間4分の間に慌ただしく撮影したのですが、そこで私は、北海道パスをホームに落としてしまい、気がつかなかないまま乗車しようとしたら、運転士さんがホームに落としたのを見てたらしく、拾って私が戻るのを待っててくれました。

相変わらず迷惑かけっぱなしの私ですorz

そして、いよいよ日本のてっぺん、稚内駅に到着です。
稚内駅に到着後の様子はまた明日…

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

1. 無題 

当麻駅の二番ホームでみつけましたか。
そこだけ時計が止まったままです。

新旭川駅は私も暇な時には遊んでいます。

雄信内も訪問したんですね。
充実した旅ですね。

2. Re:無題 

>虎ちゃんさん

今回、どっかの駅で国鉄型駅名標を見つけたのですが撮影できなかったので、当麻駅でカメラ撮影できて、とても嬉しかったです。

3. 雄信内駅 

今年の春に雄信内駅を訪問していますが、駅舎の写真は撮れましたか?
駅前には廃墟となった酪農場と思える建物だけで、人工音は列車だけの静かな駅は、非常に寂しく、寒さが感じられました。(。>0<。)
新しくなった稚内駅の情報を待っていますので、ヨロシク。♪(*^ ・^)ノ⌒☆

4. Re:雄信内駅 

>テツ浪人さん

はい、雄信内駅の駅舎写真撮りましたよ。

でも駅前にはクルマが1台停まってて邪魔でした。

無人駅で内部が荒らされてないか心配でしたが、そうでもなくて嬉しかったです。

5. 無題 

当麻の駅名標はなかなかレアですね!確かに興奮する一品です。北海道は木造駅舎の宝庫ですね、興奮しすぎて疲れてしまいそうですネ。

6. Re:無題 

>八丁堀さん

おそらくカウントしたら、J北の木造駅舎の数はそんなに多くないと思います。

冬の厳しい環境の中で生き残るのは難しいからかもしれないです。

だから、現存する木造駅舎は、これからも生き永らえて欲しいですよね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/374-71c0b9eb