ダイジェスト11 遠い炭鉱街で博多を思い出しました

今日は道内中央部(道央ではない)の駅をまわってきました。

新しく生まれた駅舎と過去の繁栄を今に残す駅舎です。

最初は高架駅となった旭川駅です。

メチャキレイ、そして大きいです。

駅内はとても落ち着いた雰囲気に仕上げられており、J九にも見習って欲しい駅舎です。
ただ駅前の整備が終わってなかったのが残念でした。
駅舎が大好き! misakitty-旭川駅 駅舎



その旭川駅構内です。
駅名標はステッカータイプになっているのが特徴。

写真は富良野線乗り場から見た構内。
富良野線のすぐ脇に函館本線などのホームがある!
当たり前のようで、以前はあたりまえではなかったのは旧駅舎当時をご存知の方ならお分かりですよね。
駅舎が大好き! misakitty-旭川駅 構内



その後は富良野線・根室本線まわりで札幌に向かいます。

途中寄りたかったのが、ここ芦別駅です。

石炭産業が華やかだった頃は、きっと賑やかだったと思われる駅です。
構内も広く、以前は出札窓口も2か所あったようです。

福岡とよく似た歴史をたどった街に来たかったから訪問しました。
駅舎が大好き! misakitty-芦別駅舎



その駅舎の脇に飾ってあるものを見つけて、博多を思い出してしまいました。
博多でいう飾り山、そういえば、もうすぐ博多祇園山笠は追い山です。
今年の山笠期間中は、ほとんど福岡にはいなかった私です。
駅舎が大好き! misakitty-山笠



芦別の街や駅前は、福岡の田川や飯塚の街の風景とよく似ていました。
もう少し元気のある街になってくれたら良いなあと思いますが、なかなか難しいのでしょう。

芦別の他にもう一駅、近くの茂尻駅にも行ってきました。
まるで廃墟のような駅舎、どうやって構内から駅舎に入るか、最初は分かりませんでした。
駅舎が大好き! misakitty-茂尻駅



話を芦別駅に戻して、ここから札幌方面へは、この特急に乗りました。
石勝線の開業でローカル線に転落した本線ですが、観光地、富良野・美瑛のお陰で特急停車駅のままです。

それにしても古そうな発着案内板です。
駅舎が大好き! misakitty-芦別駅 発着案内板



そして今は、フララベ車内、私の席から見える車内はこんな感じ。
見晴らしはとても良いです。
駅舎が大好き! misakitty-フララベ車内



今日の最後は観光客気分を味わえました。






関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

1. 昔の旭川駅の方が・・・ 

春の北海道のテツ旅で新しくなった旭川駅を見ましたが、昔の三角屋根に時計が見えた旭川駅が大好きでした。(*゚.゚)ゞ
今では観光路線となった富良野線も、昔はローカル線を感じるホームで乗降客も少なかったですネ・・・(・・。)ゞ
芦別駅には未訪問駅ですが、素晴らしい駅舎ですネ。今度の北海道テツ旅での訪問予定先と
なりそうです。ε=(。・д・。)

2. 無題 

かつては、富良野線はポツリと離れてましたからね。

石北本線や宗谷本線が使われていた5番ホームと富良野線の6番ホームの間に現在の駅舎が作られたと言えば、どれだけ距離があったのかわかりやすいかな?
かえってわかりにくいかな(笑)

3. Re:無題 

>虎ちゃんさん

あ~ちょうどそんな感じですね。

あの距離を地下道で乗り換えてた記憶があります。

4. Re:昔の旭川駅の方が・・・ 

>テツ浪人さん

芦別駅は数日前の最長鈍行列車に乗ったときに一度通ったのですが、あらためて降り立って良かったと思いました。

観光客や鉄道ファンからはあまり注目されていない駅かもしれませんが、歴史を感じさせてくれる駅舎だと思いますので、ぜひ訪問してみてくださいね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/377-598ff1c0