ツイン終着駅

JR筑肥線と松浦鉄道線の接続駅、伊万里駅です。
撮影は平成15年頃です。

この駅に来られたことのない方は、接続駅で終着駅じゃないでしょ?って思うかもしれませんが、ちゃんと頭端駅、それも両社それぞれ頭端構造になっている立派な終着駅です。

元々は国鉄筑肥線の途中駅で松浦線が分岐する駅だったのですが、当駅を境に筑肥線の西側部分と松浦線が松浦鉄道に移管され、レールが分断されるどころか、道路を挟んで全く別の構内を持つ駅になってしまいました。

▼駅舎です。左がJR伊万里駅、右が松浦鉄道伊万里駅です。
駅舎が大好き! misakitty-mrjr駅舎です


▼駅内です。訪問当時は、みどりの窓口と旅行センターがあったのが市の代表駅の面目?
駅舎が大好き! misakitty-jr出札


▼駅名標。さすが伊万里焼?の駅名標がありました。頭端駅なのに前後駅表示が…(*^_^*)
駅舎が大好き! misakitty-jr駅名標


▼夜明け前の構内。前日は唐津泊まり、この写真の頃は、まだ福岡に住む前だったのです。
駅舎が大好き! misakitty-jr構内


▼末端部。1面1線の小さな構内になってしまいました。
駅舎が大好き! misakitty-jr末端部


では、もう一つの終着駅、松浦鉄道の伊万里駅に行きましょう。

▼両駅舎を分断する道路。2階部分を通過する方が安全。横断歩道もなく、完全に分断されていました。
駅舎が大好き! misakitty-mrjr通路


▼駅内です。早朝で殺風景ですが、JR駅より設備が整っています。うどん屋さんやキオスクもありました。
駅舎が大好き! misakitty-mrコンコース


▼観光案内所もあり。伊万里市も、松浦鉄道を地元の鉄道会社として大切にしている気がします。
駅舎が大好き! misakitty-mr観光案内所


▼切符売り場は早朝のため閉鎖中。まあ車内精算が原則なので困らないでしょう。
駅舎が大好き! misakitty-mr出札


▼構内。この写真だけは平成25年撮影です。今は松浦鉄道西九州線という一つの路線ですが、国鉄当時は、筑肥線と松浦戦の分岐駅だったので、現在でもスイッチバック構造になっています。運行上もここが境界で、構内は2面3線とJRに比べて広いです。
駅舎が大好き! misakitty-mr構内


地下鉄・海沿いの電化区間・非電化ローカル線・3セク路線と4分割されてしまった筑肥線の縮図のような駅でした。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

1. 乗換は不便? 

筑肥線から松浦鉄道へ乗換していますが、道路ができたので、横断歩道はチョット離れた場所なり、歩道橋を通過するには階段(エレベーター)を登るのが少々不便ですネ。(T_T)
松浦鉄道側には案内所や飲食店もありますので、利用者が多いのでしょう。(^O^)
伊万里焼の駅名標には感激ですナ~。
\(゜□゜)/

2. やっぱり 

1年前に松浦鉄道から筑肥線に乗り換えた時に、なんとも乗り換えにくい、不思議なというか、変わった構造してるな、もしかして元は線路繋がってた?と思いました。


やっぱりそうでしたか。

分断するならするで、もうちょっと考えて欲しかったですね。


地上から行くには、かなり遠回りになりますし、わざわざ2階に上がって、また降りて・・・・(?_?)

せめて正面に横断歩道があればね。

3. Re:乗換は不便? 

>テツ浪人さん

実際乗り換えてみると、あまり乗り換え客がいないことが多いです。

人の流れも二つの駅の間で分断されているのかもしれないですね。

4. Re:やっぱり 

>スーパーおおぞらさん

直通列車を走らせる可能性を皆無にしちゃったのは残念ですよねえ。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/536-e9a9ef2a