スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-11- 阿仁合駅

今日は、秋田内陸縦貫鉄道最大の駅、阿仁合駅を紹介します。

駅舎です。
変わった構造ですねえ、雪国にはよくみかける傾斜の鋭い屋根。
外見は何をイメージしたのでしょう?
秋田内陸縦貫鉄道のホムペなどをしらべたら、この地区は北緯40度線上にあること、毎月4の日に市場が開かれることが分かり、阿仁合の頭文字がAであることからも勝手に推測すると、「4」と「A」をイメージしたのかと思います。想像ですけどねf^_^;
駅舎


出札窓口です。
角館から乗車して初めての有人駅との出逢い?
JRとの連絡切符も購入できるようです。
出札


売店です。
グッズも売っています。
ベンチに座ってるのは、クマかなにかのぬいぐるみです。お客さんじゃないですから(^ω^)
売店


構内に出てみましょう。
島式の1面2線ほーむです。ホームは狭いです。
右の車両が角館から乗って来た車両で、奥が角館方面。
ホーム角館方面


反対側から鷹ノ巣方面を向いて撮影。
おっ!いいですねえ、この大きな駅名板。
国鉄当時からあるんでしょうか?国鉄のキハとよく似合いそうです。
ホーム鷹巣方面


車両基地があります。
半日居たら、全ての車両を見ることができそうですね。
構内


ホームから見た駅舎です。
ん?何に手を振っているのでしょう?発車列車はなかったはずなんですが???
駅舎のデザインは正面と同じです。
こぐま亭という看板が見えますが、駅内にあるレストランです。
馬肉で有名で、馬肉ハンバーグなどを食べることができるそうですが、残念ながら今回は立ち寄る時間がありません。
ホームから駅舎



6分の短い停車時間の割りには、駅もちゃんと見られてよかったです。
再び列車に乗車し鷹巣を目指します。
発車後







関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

1. 山間地に立派な駅舎 

秋田内陸縦貫鉄道の本社機能を備えた駅とは言え、立派すぎますネ。阿仁合の「A」をイメージしたとは思いつきませんでしたが、「正解~」(クロコーチ風)かもネ。(・∀・)
売店・食堂「こぐま亭」・車両基地もあり、半日いても厭きない駅と思えますので、次の機会はスケジュール調整して下車してはいかがでしょうか? (b^-゜)

2. Re:山間地に立派な駅舎 

テツ浪人さん、こんにちは!

今回は、1列車で乗り通しただけだったので心残りありますよね。

遠いので何回も行ける場所じゃないだけに残念です。

3. 無題 

普通列車で立ち寄り、急行で鷹ノ巣へ行きました。
もちろん、馬肉いただきました。

次回は是非召し上がってください。

元気が出ますよ~(^-^)美味しいです!

4. Re:無題 

>虎ちゃんさん

元気が出るんですか???

美味しいってことですよね、食べてみたいなぁ(о´∀`о)

5. 無題 

寂しい無人駅が続いた後にこのような立派な駅が現れるとなんだかホッとしますよね!

ローカル線にこんな面白い形の駅舎があるとは思わなかったです(笑)

6. Re:無題 

>駅兄さん

たまに有人駅がメチャにぎやかに感じるんですよね、都会に来たわけじゃないのに無人駅との差が大きいのかもしれません。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/583-6cdcd9ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。