香椎線 宇美駅

今日は、香椎線の宇美駅です。

香椎線は、福岡近郊の東側を半円を描くような形状の路線で、福岡市中心部には向かわず、両端が頭端駅となっている変わった路線です。全線非電化単線です。

宇美駅は、その南側の末端にあります。

▼駅舎
朱塗りの神社風です。有人駅で自動改札機も設置されています。
宇美 駅舎


▼名所案内
朱塗りの理由はこれです。地元以外での知名度は低いですが、駅舎は、この宇美八幡宮を意識したものでしょう?
宇美 名所案内


▼末端部
構内は2線ありますが、使われているのは、1面1線だけです。
宇美 構内


▼駅前
駅前は比較的広いです。
国鉄当時、この駅前を勝田線が通っていて、写真左に進んだところに、もう一つの宇美駅がありました。
香椎線・勝田線の宇美駅は繋がっておらず、全く別の駅のようになっていました。
宇美 駅前


勝田線の方が福岡市中心部に繋がっていたのに廃止され、香椎線が残ったのは運命のいたずらでしょうか?

残った香椎線は、運行本数が激増し、蓄電池式車両の導入が計画されており、廃止された勝田線の沿線は福岡都市圏の拡大によって、ほぼ福岡市街地と一体になっています。

きっと、勝田線が残っていたら、この宇美駅は駅舎が合体し、支線同士のスイッチバック駅みたいに改造され賑わっていただろうと思います。





関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

1. 鉄路がなくなると・・・ 

香椎線の宇美駅へは「JR最長片道きっぷ」の旅の途中で寄道して訪問しました。 社殿風の赤い駅舎が印象的でした。
駅前に勝田線の宇美駅が存在していたことは知っていましたが、福岡市内の中心と結ばれていて、廃線にならなければ・・・と思えますネ。
鉄路が無くなると復活は難しいので、じっくりと見極めてほしいですヨネ。

2. Re:鉄路がなくなると・・・ 

テツ浪人さん、こんばんは!

今となっては復活はムリでしょうが、意外に勝田線の廃線跡は残っていて、自宅のすぐ近くにも篠栗線との並走区間が敷地だけ残っています。
篠栗線、その区間だけ複線にできたのにって思います。

ほかに、交差点もいまだに「南里駅前」とかあったり…

存続中も廃止後も忘れられた存在のような気がします。

3. ある意味国鉄時代のツケが 

今に出ているのではないでしょうか、筑肥線は地下鉄に乗り入れで生き残りましたが、勝田線が地下鉄に乗り入れまたは路線を地下にし博多まで乗り入れという発想が当時にあれば・・・・・・
赤字というだけで廃止するのも九州局のあさはかさでしょうか

4. Re:ある意味国鉄時代のツケが 

河内のオリックスファンさん

勝田線が地下鉄に乗り入れてたら…わたしの家の前に地下鉄の駅が出来てたかも?f^_^;

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/616-ba0ea88d