スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍茶屋 -16-

かわいい名前です。
長崎の電停では、一番好きな電停、蛍茶屋です。
蛍茶屋4

構内は行き止まりではなく奥の車庫まで線路が伸びています。
背後は山で、ホントに蛍がいそうです。
蛍茶屋3

構内は複線でクロスできる構造。
バックの景色を見ると、電車が走れる勾配は、ここが限界だったのかなと思います。
蛍茶屋1

ホームには乗り場番号があります。
なんだか阪急みたいf^_^;
なぜだか分かる人は関西人?
蛍茶屋2

この後、写真の電車には乗らないで、4系統で正覚寺下目指します。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

号線を阪急につなげるとは 

さすがに、関西人ですね~

ちなみに、在籍車両にアルナ工機の車両がありますね~

こんばんは 

1号線2号線・・・はじめて阪急に乗った際、知ってはいても違和感を感じたものですよ!独自の呼称(普通車/各駅停車、区間車...)があると、個性が際立ってアクセントになっているかな(?)と思います。

Re: 号線を阪急につなげるとは 

> さすがに、関西人ですね~
>
> ちなみに、在籍車両にアルナ工機の車両がありますね~

つい反応してしちゃいました。阪急以外で号線表示になっている鉄道があることは知りませんでした。

Re: こんばんは 

> 1号線2号線・・・はじめて阪急に乗った際、知ってはいても違和感を感じたものですよ!独自の呼称(普通車/各駅停車、区間車...)があると、個性が際立ってアクセントになっているかな(?)と思います。

阪急がなぜこんなふうに呼んでいるか理由は分かりませんが、他社との差別化とこっちの呼び方が高級感があったのかもしれないですね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/732-9edf3e79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。