札幌都市圏では少なくなった木造駅舎 -15-

桑園から札沼線に入ります。
今回は、写真撮影していない区間だけの訪問なので新十津川までは行きません。

最初は、今のうちに訪問したかったこの駅です。
篠路4

周囲はベッドタウンのようです。
篠路3

乗降客は多いのでしょうが、駅内はかなり狭いです。
篠路1

そして、駅舎は木造モルタルです。
非電化単線だったころから生き続けている駅舎なのでしょう。
いずれ橋上化されてしまうのではないかと思います
篠路2

いつまでも元気な姿を残して欲しいです。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

外観をみると 

橋上化される前の関西本線柏原駅に似てますね~
しかし周辺の都市化の流れから見て、近いうち橋上化されるでしょうね~

Re: 外観をみると 

> 橋上化される前の関西本線柏原駅に似てますね~
> しかし周辺の都市化の流れから見て、近いうち橋上化されるでしょう

そうですよねえ、10年後には残ってないように思います。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/740-39df1b66