スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある意味終着駅のような? -18-

今回の札沼線の旅の折り返し駅、北海道医療大学です。
なんだか終着駅みたい?
北海道医療大学5

構内は変則的な2面2線。
さっきの駅名標は、右の頭端式ホームのものなので片表示になっているのです。
北海道医療大学4

後ろを向いて、もう1枚。
ここから先、新十津川までは、非電化区間です。
ほとんどの列車が、ここで折り返し、電化区間の末端駅なので、ほんとに終着駅のような雰囲気があります。
北海道医療大学3

改札を抜けると、そのまま大学の施設に繋がっているようです。
北海道医療大学2

駅舎です、というか大学からの改札通路があるだけ。
写真左手に駅舎があったようですが、取り壊されました。
学校関係者しか利用しそうにない駅なので大学と直結する通路があれ、それで足りるのでしょう。
北海道医療大学1

このあと札幌に戻り、岩見沢方面に向かいます。

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

この駅のおかげ? 

札沼線が存続できているのは、この駅があるからかもしれませんネ。 電化路線の終着駅の駅名標は見て見たい感じがします。 この後の新十津川駅迄はダイヤも薄く訪問には苦労しますヨネ~。

ひところの学研都市線の 

同志社前の駅風景に似てますね、同じく区間運転されているのと
先が単線区間の感じが・・・・全線電化と一部非電化の差でしょうけど
開業時も大学関係者がほとんどだった感じですけどね~

Re: ひところの学研都市線の 

> 同志社前の駅風景に似てますね、同じく区間運転されているのと
> 先が単線区間の感じが・・・・全線電化と一部非電化の差でしょうけど
> 開業時も大学関係者がほとんどだった感じですけどね~

同志社前駅は、使われなくなった反対側ホームがあって、実質上棒線駅になっていますが、雰囲気は似ていますね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/753-f2c08ca9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。