スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊ちゃん列車とモハ50形初期型

松山市駅前

伊予鉄道市内線の坊ちゃん列車です。
さすがに市街地の路面電車でSLを走らせると煤煙公害になると判断したのでしょう、見かけSL、中身はDLです。
煙は水蒸気で発生させ、ドリフト音はスピーカーから流れるようになっています。

「なぁんだ」とがっかりしそうですが、路面電車にはモーター音という固定概念しかなかったので、線路とふれあう音だけが聞こえる路面客車?には、新鮮さを感じました。

また、ここでは人力で機関車を方向転換(線路上をクルっと回転させます)したり客車を押して移動させる光景も見ることができます。

お隣の脇役はモハ50形の初期型です。
ナニワ工機が1950年台に製造した歴史のある車両で、後期型とは屋根の形や前面窓の大きさなどが異なります。
後期型に比べ、屋根が高く見え、それだけで風格を感じさせてくれるのが好きな車両です。

@伊予鉄道松山市駅前停留場

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

乗務員は・・・ 

伊予鉄道の「坊ちゃん列車」には、1日フリー切符に100円加算すれば乗車できるので、道後温泉に入浴後に乗車。 客室は広くは無く10名程で満員となりましたが、SL乗車気分にはなりますネ。
私も、松山市駅迄乗車し列車方向転換には驚きでした。人力で車体を移動し、車体が自らジャッキアップし転換作業。乗車したのが、真夏でしたので、暑い中「毎日大変~だな~」と思いました。

坊ちゃん列車 

入れ替え時、機関車自体がタ―ンテ―ブルのごとく台車から上がジャッキアップするので転車台のスペ―スが省ける着眼点は見事で、外観は当時のマッチ箱のような小さい車両ですが路面電車の細かい技術が集約されている車両ですね、
もう一方のもは50系は現アルナ工機の前身であるナニワ工機製ですがこの車両から見ると当時のアルナは有数の路面電車メ-カ―だったんですね~

Re: 乗務員は・・・ 

> 伊予鉄道の「坊ちゃん列車」には、1日フリー切符に100円加算すれば乗車できるので、道後温泉に入浴後に乗車。 客室は広くは無く10名程で満員となりましたが、SL乗車気分にはなりますネ。
> 私も、松山市駅迄乗車し列車方向転換には驚きでした。人力で車体を移動し、車体が自らジャッキアップし転換作業。乗車したのが、真夏でしたので、暑い中「毎日大変~だな~」と思いました。


私も市駅前で見ましたが、方向転換は大変ですよねえ。

Re: 坊ちゃん列車 

> 入れ替え時、機関車自体がタ―ンテ―ブルのごとく台車から上がジャッキアップするので転車台のスペ―スが省ける着眼点は見事で、外観は当時のマッチ箱のような小さい車両ですが路面電車の細かい技術が集約されている車両ですね、
> もう一方のもは50系は現アルナ工機の前身であるナニワ工機製ですがこの車両から見ると当時のアルナは有数の路面電車メ-カ―だったんですね~

路面電車の製造メーカーを見ると、アルナ工機が多いですよね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/784-bf94c909
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。