スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急成長した駅

陸前落合駅

仙山線陸前落合駅です。
以前は1日の利用者が200人を下回るという小さな駅でしたが仙台都市圏の拡大に伴住宅開発で、現在では1日に3000人以上の利用者がいます。

宅地開発も原因の一つでしょうが、仙台中心部まで自動車利用より鉄道が早くたどり着けるのが利用客増大の原因のようです。

このあたりに、地方都市周辺にありながら利用者が伸び悩んでいる駅の利用者を増やす鍵があるような気がします。

続きはこちら
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

たしかにヒントになりますね~ 

道路アクセスが悪いというところは鉄道にとって有利ですね~
例えば広島で、芸備線の上深川駅なんかがそうなんですが、近くに高揚ニュ―タウンが近くにありながら駅に直結されてないのでバスが中心部に結んでるためかつて急行停車であり現在快速停車駅ながらその恩恵が無いのである。
距離的に仙山線の陸前落合同じなんですが.....

Re: たしかにヒントになりますね~ 

もともと国鉄の駅は市内中心部に設置されていないところがあるので、そんな都市は不利ですよね。

広島も紙屋町にアクセスできるバスが有利なのかもしれないですね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/836-d5a4d29b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。