留萌駅

今夜のお泊まりは留萌です。

ただし、到着したときはすでに薄暗かったので、写真は翌日撮影したものです。

▼駅舎
留萌6
立派な駅舎ですね。以前は羽幌線が分岐してました。
羽幌線は支線だけど、ここから先の道のりは、留萌本線よりも長大で、こっちが本線でもよかったんじゃないのと思っていました。

▼改札
留萌4
間口の狭さが北海道らしいです。
左側に出札があり、みどりの窓口もあります。

▼待ち合いスペース
留萌5
駅そば屋さんがあるのが本線の主要駅らしいです。
撮影したのは、朝の通勤時間帯なのですが、利用者はあまりいませんでした。

▼ホームに出てみました
留萌1
夕焼けの海を見てみたかったです。
駅舎側ホームのこんな位置に地表タイプの駅名標があるのが面白いです。


▼構内(深川方)
留萌3
島式ホームもありますが、あまり利用されていないようです。原則バリアフリーな駅舎側ホームを使用しているのでしょう。

▼構内(増毛方)
留萌2
昔は奥の空き地も全部構内でした。
羽幌線は、構内深川方で分岐していたので、駅舎から羽幌線ホームまでは長い跨線橋が設置されていたそうです。
上の写真の跨線橋が延長されて続いていたのでしょうか。

留萌での宿泊先は市内のホテルで駅からはちょっと離れていました。

タクシー利用でしたが旧市街を通ったためか街並みはとても静かでした。

この街に限らず、地方の中小都市の多くに言えることですが、昔の活気を取り戻す術はないものかと考えさせられる光景でした。

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

全体的に若者の流出 

特に札幌へ出て行くほうが多く。夕張も含めてなかなか人口の増加が見込めず市の税収がえられない状況であとは年配者のみという日本各地で起こっている地方都市の過疎化が進んでいる感じで何らかの方法で人口を増やして行きたいんでしょうけど観光だけではね・・・
大規模な企業誘致とか考えないと・・・・

Re: 全体的に若者の流出 

日本全体の人口が減っているので、このままだと地方都市が頑張っても奪い合い状態に陥ってしまいそうな気がします。

関西などの大都市圏大都市でも安心はしてられないです。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/843-20bf14de