スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あふ〜ん 礼受駅 阿分駅 信砂駅

瀬越を発車した列車は、海沿いを増毛に向かいます。

▼礼受駅
礼受1
変わった駅名が多い北海道の中でも、留萌本線は特に多くて大好きな路線です。
アイヌ語にそのまま漢字を当てちゃったんでしょうか?


駅舎は、貨車(車掌車?)駅です。

▼阿分駅
あふ〜んって感じ?(*^_^*)
車内でよろけてしまいましたが、かろうじて撮影できました。
阿分3

駅前には小学校があります。
踏切横にあるのは駅舎?まさかねえ。
阿分1

構内です。
増毛まで1閉塞なので、全て棒線駅になっています。
阿分2

▼信砂駅
信砂2

これは、駅舎で間違いないでしょう?
信砂1

さらに、先に進みます。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

確かに珍妙な名前が多いですね~ 

本来の意味はわかりにくいですが、アイヌ語に漢字をあてただけなんでしょうか?まるで、イギリスのウエ―ルズのように英語とウエ―ルズ語が併記されてるのと同じく日本語とアイヌ語を両方表記したらおもしろいかも?
世界で一番長い駅名のように教会の場所をさす意味が駅名になっていますがアイヌ人の文化と歴史を守る意味でも

Re: 確かに珍妙な名前が多いですね~ 

> 本来の意味はわかりにくいですが、アイヌ語に漢字をあてただけなんでしょうか?まるで、イギリスのウエ―ルズのように英語とウエ―ルズ語が併記されてるのと同じく日本語とアイヌ語を両方表記したらおもしろいかも?
> 世界で一番長い駅名のように教会の場所をさす意味が駅名になっていますがアイヌ人の文化と歴史を守る意味でも

発音をそのまま漢字にあてたり、意味を漢訳したりと違いはあるようですが、元々の意味や発音を後世に伝えることができるのは、地名(駅名)というのが最も確実かもしれないですね。

あふ~ん 

 なぜか、この駅を初めて訪問した人は同じことを……(笑)

 踏切脇の小屋が駅舎です。
 ほとんどのスペースは除雪用具置き場です。
 残りのスペースは掃除用具置き場です。

 人のいるスペースがあるとかないとかよりも、列車の接近で遮断機が下りてしまうとホームへ行けないという不思議な待合所です。

 国道からは学校が駅を隠してしまい、場所がわからないし…。
 使っていいのか悪いのか……。

 でも、列車で通ると気になってしかたない駅ですよね。

Re: あふ~ん 

>  なぜか、この駅を初めて訪問した人は同じことを……(笑)
>
>  踏切脇の小屋が駅舎です。
>  ほとんどのスペースは除雪用具置き場です。
>  残りのスペースは掃除用具置き場です。
>
>  人のいるスペースがあるとかないとかよりも、列車の接近で遮断機が下りてしまうとホームへ行けないという不思議な待合所です。
>
>  国道からは学校が駅を隠してしまい、場所がわからないし…。
>  使っていいのか悪いのか……。
>
>  でも、列車で通ると気になってしかたない駅ですよね。

踏切脇の建物がやっぱり駅舎なんですか!
のんびり屋の私は、列車が来たら、よっこらしょとホームに移動するタイプなので、阿分駅の構造は危ないかも?(^ー^)


トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/847-81eb8900
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。