スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び山の中に

富良野の街を離れ2両となった列車は、再び山の中に入っていきます。

布部駅
大きな屋根がある立派な駅舎ですね。
51-1

山部駅
隣の布部駅とよく似た駅名ですが、こちらの駅舎は山小屋風です。
51-5

下金山駅
以前訪問したのは夜で、それも車だったので駅舎の隣に木造倉庫があったのには気が付きませんでした。
51-4

金山駅
ここには木造駅舎が残っていました。
51-3

それにレンガ積みの倉庫も!
51-2

現在はローカル線ですが、昔は幹線だったことを物語るように古い倉庫があったり、ホームが長かったり、歴史を感じる路線です。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

同じ幹線であった 

函館本線の山線区間とくらべて、また違う幹線の風格を漂わせていますね~

Re: 同じ幹線であった 

> 函館本線の山線区間とくらべて、また違う幹線の風格を漂わせていますね~

そうですねえ、どちらも山間区間ですが、沿線風景や駅舎の感じは違う気がしますね。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/864-c8057089
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。