スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健さ〜ん!

▼東鹿越
東鹿越3
木造駅舎が残っていますが、かなりリニューアルされています。

東鹿越1
こんなところに工場が…コンベアとかあるので採石工場でしょうか?
手前の廃屋のような小屋は線路の分岐部分にあるところをみると、切り替えのための詰め所の跡?

東鹿越2
列車は高原の湖を眺めながら進み…

▼幾寅
幾寅2
ここに到着です。
ファンなら「健さ〜ん」と叫びたくなるかも?

幾寅1
現在も、映画「鉄道員(ぽっぽや)」のセットが残されていて、車両のカット保存もされています。
下車したかった駅ですが、運行本数が少ない区間なので、何かのついでに立ち寄れる駅ではないのが、今回も断念です。
列車は、いよいよ次の落合を過ぎると狩勝越えに入ります。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

ある意味明暗をわけた 

秘境駅ですね~
東鹿越はとなりのセメント工場に行きかうダンプが行きかう喧騒感がある無人駅ですが
一方幾寅は映画のロケに使用されましたが公開後かなりの映画ファンが訪れましたがその後はいつもの山間秘境駅にもどりましたが
高倉健さんの死去で彼の主演作である「駅務員」のロケがふれあえるという意味で今後訪問が増えてくる可能性が強いですね~

Re: ある意味明暗をわけた 

> 秘境駅ですね~
> 東鹿越はとなりのセメント工場に行きかうダンプが行きかう喧騒感がある無人駅ですが
> 一方幾寅は映画のロケに使用されましたが公開後かなりの映画ファンが訪れましたがその後はいつもの山間秘境駅にもどりましたが
> 高倉健さんの死去で彼の主演作である「駅務員」のロケがふれあえるという意味で今後訪問が増えてくる可能性が強いですね~

幾寅駅は、私もゆっくり訪問してみたいです。その前に映画の方を観たことないので、レンタルしてこなくちゃf^_^;

 

おはようございます。
根室本線の旅、楽しく拝見しています。
石勝線が開通するまでの賑わい、長いホームなどにその面影を残しながらも、今では普通列車だけが行き交う静かな区間ですね。
狩勝峠に向き合う駅、落合駅の雰囲気が好きで、お写真を楽しみにしています。
できることなら、狩勝峠の旧線も自分で体験して見たかったと、どんな景色が広がっていたのかを想像しています。
まだまだ長いこちらの列車の旅、続きも楽しみにしています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

Re: タイトルなし 

旧線跡はどうなっているんでしょうね、廃止になった新内駅の跡地とか行ってみたいです。旧線のほうが雄大な車窓を眺められたそうなので、見てみたかったです。
ブログ、こちらのページにもリンクさせていただきました。これからもmisakitty stationともども、よろしくお願いします。

 

こんばんは。
リンクの掲載、恐縮です。ありがとうございます。
初めての路線に乗っているときに、衝動的に途中駅で降りてしまいたくなることがあります。車窓に映る様子が素敵な駅は本当に魅力的に映って、先へと延びる旅程を取るか、諦めてその駅を楽しむか、いつも悩みます。
大変多くの駅を観察されているようで、羨ましく思います。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

Re: タイトルなし 

おっしゃるとおりですね。
そんなときは、事前にきちんと調べてなかったことを後悔しますね。

思いつくままに撮った写真をアップしているだけのブログですが、これからもよろしくお願いします。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/865-20d3d87f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。