こんな駅にも停まります

釧路行きこの列車、全駅に停まるので、こんな駅にもていしゃします。

それも、特急との交換まちがあるので下車して駅撮影ができます。
古瀬5

ホームに降りてみましょう。
板張りでかなり狭いです。

なんだか伯備線の布原駅みたいで、信号場サイズです(笑)

古瀬4

停車する列車は訪問当時で1日3.5往復です。
まさに秘境駅!

でも、太平洋岸を走っているはずなのにって思いますが、この駅周辺だけ内陸に入り込んだところにレールが敷かれているのです。

こんな駅ですが、この列車のおかげで、とても効率よく駅訪ができます。

古瀬3

釧路方面です。

私が最初に下車したので、この写真が撮れました。
このあと、この場所は、通過する特急を撮影するための撮り鉄さんに占拠されてしまいます。

一番乗りしたのに、駅訪メインの私には、ここよりもっと見たい場所があるので移動です。

古瀬1

なんてことはないのですが、この駅、反対側のホームとはかなり離れています。
写真の右奥に見えてます。
信号設備があるのか建物が見えます。

なんでこんなに離れているんだろうと不思議です。

ちなみに駅前は何もありません。

良い感じ!

古瀬2

ある意味、この列車、最大の見所かもしれない(そんなこと思うのは私だけか?)、古瀬駅訪問でした。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

行きたい!
以上です(笑)

Re: タイトルなし 

> 行きたい!
> 以上です(笑)

私も、もう一回行きたいっ!(笑)(笑)

No title 

こんばんは。
3.5往復ですか。それはなかなかこの駅に降りる旅程を組むのも大変ですね。普通列車で停まっている時間は長いのでしょうか。
簡素なホームは、本当に国鉄時代の信号場や臨時駅のようですね。
一つ一つの駅を丁寧に見ながら、時間の限り旅していきたいものです。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

Re: No title 

訪問当時の時刻表では、古瀬駅での停車時間は5分間だけでした。

もう少し時間があれば、反対側のホームにもあがってみたかったのですが、かないませんでした。

でも、オバサン一人旅では、この駅に1時間以上「ぼっち」になるのは、かなり怖いですが…(笑)

多分長編成または貨物時代の 

名残でしょうかね~信号所がのこっているということは、
かつては道内各地で貨物輸送がさかんでしたが道路や港湾施設が整備されてきたので北海道新幹線開通後は本州との貨物輸送はどうなるか注目ですね

Re: 多分長編成または貨物時代の 

青函トンネルが開通したときも大きな変化があったのでしょうが、北海道新幹線の開業でもどう変化するか注目されるところですよね。

もちろん、北海道と鉄道にとって明るい変化になって欲しいと思います。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/890-eb3db235