かつての分岐駅も今は…

厚床駅にやってきました。
厚床2

かつての標津線分岐駅で駅舎もありますが、今は記念碑が残るだけです。

この駅、昔は駅弁も売っていたそうです。
厚床1

構内は2面2線。
標津線があった頃は2面3線だったそうで、構内の広さに名残を感じます。
厚床3

初田牛、「はったうし」と読みます、てかそのままf^_^;
初田牛2

ホームは草が生え、駅の周りには集落は全く見当たりませんでした。

レールが錆びていたら、まるで廃駅?
昼間ならゆっくり訪問してみたいですが、日が暮れたらチョットむりかも(≧∇≦)
初田牛1

乗降客は全くなし、列車も、わかってるかのようにわずかな停車時間で発車しました。
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

No title 

 いよいよ根室半島の駅巡りに入りましたね。
 厚床にはターンテーブルが残っています。
 夏の観光列車運行日には、駅弁販売もありますよ。
 近くの牧場レストランの方が出店しています。
 ウマイですよ~。
 次回は是非!

Re: No title 

ターンテーブル残っていたんですか、見落としてしまいました、残念です(>_<)

駅弁を売っているときに行ってみたいですね。ニギワッテルト嬉しいです。

栄華を思う 

何とも言えない魅力がある駅ですよね。
私が最初に訪れたときには1988年夏でしたが
KIOSKがあったのを覚えていますよ。

Re: 栄華を思う 

国鉄当時に訪問してみたかった駅の一つですね。

そんな駅が日本中にたくさんあるのも事実です。

いつか、後世の時代になって、「昔、地方にも鉄道が走っていたらしい」なんてことにならないことを祈っています。

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/925-77f675c6