スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い車両駅舎がある駅 磯分内駅 南弟子屈駅

▼磯分内
薄汚れたコンクリートの倉庫が残っています。
磯分内3

無人駅なのでしょうが、駅舎は、結構大きいです。
磯分内2

交換可能駅だった名残は、草むらに埋もれてしまいそうです。
磯分内1

▼五十石
駅名標下のタイヤは花壇で使われていたのでしょうか?
南弟子屈3

車掌車駅舎なのですが、青い駅舎は、旧型客車みたいで良いですよねえ。
窓枠の辺りだけ接写すると、もっとそれっぽいかも?
南弟子屈2

ここも、元は交換可能駅だったのでしょうか?
南弟子屈1

釧路湿原と阿寒・摩周という観光地に挟まれたこの辺り、観光で乗った乗客にはちょっと退屈なエリアかもしれません。



全国の駅はこちら misakitty station



北海道 鉄道
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/933-2fdcacb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。