スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みどりに埋もれる緑駅

緑駅にやってきました。

▼駅名標
緑3
バックをみどりの山に包まれた緑駅です。

▼駅舎
緑5
簡易駅舎で無人駅ですが当駅折り返しの列車もあったような気がします。

▼ベンチ
緑4
カラフルなベンチにカラフルな座布団。
座布団は地元の方が作られたものでしょうか?無人の駅舎がとても明るくなりますね。

▼構内
緑2
交換可能駅です。

▼もっと広かった構内
緑1
駅名標のバックに見えた山ですが、その山裾と構内の間は、この駅の構内の一部だったようです。
周囲の景色からすると木材の搬出で栄えた貨物駅だったのかもしれませんね。

この構内跡も、今はすっかりみどりに包まれていました。

全国の駅はこちら misakitty station

北海道 鉄道
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

No title 

 川湯温泉駅側に、鉄道林の影へ分岐するポイントがありますね。
 それを辿っていくとかつての広い構内が感じられます。

 そしてタイムカプセルが埋められていた跡が笹やぶから見られました。
 既に開封されたものですが、「ここに埋めたんだよ~」って印が残されています。

http://www.jrkushiro.jp/timekapuseru.html

Re: No title 

滞在時間が少ないと、ゆっくり観察できないので、見つけることができませんでした。

また行く機会があったら、探してみたいと思います。


トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/938-366ae9fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。