知床の玄関口は台風接近中 知床斜里駅

釧網本線の途中駅では、運行上の大切な駅、知床斜里駅に到着です。

▼駅名標
知床斜里4
JR西日本のものによく似た、大きな駅で見かけるタイプの駅名標がありました。

▼構内
知床斜里 構内
2面3線の広い構内があります。

▼駅内と改札
知床斜里3
構内側がガラス張りで、とても見晴らしが良くなっています。

改札は常時開いていてJR北海道の駅にしては珍しい光景です。
改札右には、本州ではなかなか見かけなくなった縦書きパネル式の発車標があるのはJR北海道らしいところです。

▼観光案内所
知床斜里5
駅の待合室より観光案内所のほうが広いかもしれません。

▼駅舎
知床斜里1
駅舎を覆うようにパネルのような外壁がある、とても特徴的な駅舎です。

▼駅前
知床斜里2
駅前にはホテルやバスターミナルがあって、知床半島への玄関口となっています。

私も、この日は、ここから駅レンタカーで知床半島のウトロの温泉ホテルまで向かいます。

しかし、夕方の斜里の街は、台風接近でとても風が強かったです。
九州で台風に慣れていますが、北海道に接近する台風はスピードが速いので、まだ来ないと思っていると急接近していて要注意です。


全国の駅はこちら misakitty station

北海道 鉄道
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/945-cd8c712d