スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

威厳と存在感を感じさせる駅 遠軽駅

遠軽駅にやってきました。

この駅、何度でも訪問したくなる駅です。


▼駅名標
遠軽 駅名標
石北本線の途中駅ですが、駅名標はご覧のとおり。
そう、スイッチバック式の駅です。


▼スイッチバック部分
遠軽 スイッチバック
左が北見・網走方面、右が上川・旭川方面です。


▼構内
遠軽 構内
2面3線、側線も多く、広い構内があります。
写真左奥には転車台・扇形車庫がありました。


▼末端部
遠軽 末端部2
構内先の車庫のような建物でレールは途切れているようです。

実は、平成元年までは、この先名寄まで名寄本線が分岐していました。
その名寄本線が廃止されたため、残った石北本線がスイッチバックの形で残ってしまったわけです。


▼駅内
遠軽 駅写真
駅舎内に入ってみましょう。

こんな写真が貼られていました。


▼改札横の発車標
遠軽 発車標2
プレートタイプの発車標。北海道の駅には今でもよく見られる光景です。


▼駅前
遠軽 駅前
遠軽の町を見守るような高台に駅があり、とても眺めの良い駅前です。


▼駅舎
遠軽 駅舎2
とても威厳があって存在感のある駅舎です。
駅舎自体もさることながら、お城のように高い位置にあることが威厳を感じさせる理由かもしれません。

この町が鉄道によって支えられていた歴史を感じさせてくれる駅です。

機会があったら、冬の夜に訪問してみたい駅です。


(2013年7月撮影)


全国の駅はこちら misakitty station

北海道 鉄道

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/979-424b3c6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。