スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相生線が分岐していた駅 美幌駅

国鉄当時、相生線が分岐していた美幌駅です。
地理的には屈斜路湖をはじめ、道東の各観光地に向かうターミナル的な位置にあります。

▼駅前
美幌 駅前
きれいな青空です。



▼駅舎
美幌 駅舎
物産館もある大きな駅舎です。


▼出札
美幌 出札
もちろん有人駅です。

改札の看板が見えますが、この駅、ほかの駅と違って駅に入っても正面に改札口はありません。


▼改札
美幌 改札
改札は、出札窓口を右に曲がるとあります。
そのまま改札を抜けて跨線橋で上下線の島式ホームに向かいます。

駅舎側にもホームがありますが、これは相生線が使用していた当時のもので現在は線路は撤去されています。


▼構内
美幌 構内
古そうな柱が並んでいます。歴史のありそうな駅ですが大正元年の開業だそうです。

右端の駅舎側に見えるのが相生線のホーム跡なのでしょう。


▼電照式看板
美幌 看板
国鉄当時からあるものなのでしょう?

以前の美幌駅には相生線の資料館も併設されていたそうですが、廃館していました、まった無人化も決まっているようです。
立派な駅舎なのに、駅舎としての機主な能は、あとしばらくすると失われてしまいそうで残念です。

(2013年7月撮影)美幌駅


全国の駅はこちら misakitty station

北海道 鉄道

関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://mokuzoekisha.blog.fc2.com/tb.php/998-a2940cd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。